2016年7月30日土曜日

プチソーラー、7月17日の週の週間発電量


梅雨明けして、7月としては上々の発電量。

太陽光発電システム:ソーラーフロンティア製
容量:49.28kW

2016年7月20日水曜日

プチソーラー、7月10日の週の週間発電量


そろそろ梅雨明けの7月としては上々の発電量。

太陽光発電システム:ソーラーフロンティア製
容量:49.28kW

2016年7月14日木曜日

HTBエナジーから7月分請求書が来た。


電力使用量は、81 kWh
請求金額は、2,175 円

ちなみに、去年の7月は、

電力使用量は、92 kWh
請求金額は、2,788 円

参考に去年の6月は、

電力使用量は、82 kWh
請求金額は、2,663 円

ということで、安くなっていることは確かなようだ。

2016年7月12日火曜日

2016年7月9日土曜日

運転費用年報報告

太陽光発電システムが稼働して1年が経過したので、一般社団法人太陽光発電協会  JPEA代行申請センター(JP-AC)に運転費用年報報告をした。

年間発電量:72,542kWh/年

審査中となっているが、大丈夫なのか?

2016年7月6日水曜日

プチソーラー、6月の月間発電量


事前シミュレーションで6月の発電量は、4,349kWhなので、約35%の上振れ。
前年同期比では+7%。

太陽光発電システム:ソーラーフロンティア製
容量:49.28kW

2016年7月5日火曜日

2016年7月1日金曜日

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ

良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ
一石五鳥くらい狙っております。
アメリカのミズーリ州交通局は、国道66号線の一部にソーラーパネルを敷設すると発表しました。道路の脇に並べるのではないですよ。道路自体の表面に、強化ガラスでコーティングされたソーラーパネルを並べるとのこと。つまり、道路自体が太陽発電をするということです!
道路を使って発電するというアイデアは、高速道路を走る車が起こす風を使った発電や、タイヤと道路の摩擦を使った発電など、これまでにも何度か提案されてきました。
道路自体にソーラーパネルを敷き詰めるアイデアも少しずつ試されてきており、今回のミズーリ州交通局のプロジェクトもそれに連なるものです。
...しかしこちらの道路、ただ発電をするだけじゃないようです。
良いこと尽くめじゃないか。新型ソーラーパネル道路をテスト運用へ

すごいな~