2018年10月13日土曜日

HTBエナジーから10月分請求書が来た。


電力使用量は、79kWh
請求金額は、2,358円

ちなみに、去年の10月は、

電力使用量は、82kWh
請求金額は、2,310円

今年の方が使用量が少ないのに、請求金額が高い。

2018年10月12日金曜日

プチソーラー、2018年9月の月間発電量



事前シミュレーションで9月の発電量は、4840kWhなので、約12%の下振れ。
前年同月比では-24%。
一昨年比も-7%とだめだめの発電量でした。

台風が来て天気が悪い日が多かったからね。
パネルに被害が無くて良かった。

太陽光発電システム:ソーラーフロンティア製
容量:49.28kW

ちなみに、1日の最高発電量は、9月28日の269 kWhだった。

2018年9月14日金曜日

HTBエナジーから9月分請求書が来た。

電力使用量は、136kWh
請求金額は、3,522円

ちなみに、去年の9月は、

電力使用量は、124kWh
請求金額は、3,094円

今年の夏の方が、去年より暑かったという事かな?

2018年9月6日木曜日

災害での停電に備えて、転ばぬ先の杖で太陽光発電とV2Hを真剣に検討しよう。

台風21号の影響により関西や近畿地方で停電が続いているが、北海道でも地震による大規模停電が発生した。

両地方とも回復まで長期化するかもしれない。

もし自分が住んでいる地域で同様の災害が起こり、長期停電となったらどうしよう?

と考えた時、太陽光発電とV2Hによる電気の自給自足を準備しておくのが、現時点では最善の策ではないかと思う。

蓄電池はまだ割高だが、幸い電気自動車に乗っているので、太陽光発電とV2Hのシステムを設置すればよい。

V2Hシステムは、三菱電機のSMART V2Hニチコンの「トライブリッド」のどちらが良いか知りたい。

という事で早速、業者さんに見積もりの依頼をしてみた。

2018年9月3日月曜日

プチソーラー、2018年8月の月間発電



事前シミュレーションで8月の発電量は、6192kWhなので、約15%の上振れ。
前年同期比では、+11%。
まずまずの発電量でした。

太陽光発電システム:ソーラーフロンティア製
容量:49.28kW

ちなみに、1日の最高発電量は、8月9日の290 kWhだった。

2018年8月22日水曜日

10分に短縮、EV急速充電器を日中共同開発へ

10分に短縮、EV急速充電器を日中共同開発へ(読売新聞) - Yahoo!ニュース
500キロ・ワット以上の実用化を目指す。日本の充電時間は30分程度かかるが、最短で10分以下に短縮される。
これは期待したい。

日本の急速充電器の規格「CHAdeMO(チャデモ)」で充電時間が短縮されるのかな?

新しい規格で今のリーフが充電できないというのも困るけど…